2009年07月28日

プリンセス・テンコーがJBCイメージキャラクター

11月3日(祝・火)に名古屋競馬場で実施される
“ダート競馬の祭典”
「第9回JBC競走」のイメージキャラクターに、
世界的に知られる女性イリュージョニスト“プリンセス・テンコー”の就任が決まった。

テンコーは、JBCのポスターやプロモーションビデオに登場するほか、
レース当日には名古屋競馬場に来場し、イベントへの出演、
表彰プレゼンターなどを務める予定となっている。

【プリンセス・テンコーのコメント】
「11月3日名古屋競馬場で皆様にお会いするのを楽しみにしています。
私から沢山のラッキーをお配りしたいと思いますので、
これまで競馬をご覧になったことのない方も、是非、JBCでラッキーを受け取って下さい」

是非ラッキーを受取りたいものです・・・。
 
競馬検索&ランキング【競馬予想サーチ】
posted by 赤えんぴつ at 23:46| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファッション雑誌「ヴォーグ」に競走馬が!!

今年5月に米チャーチルダウンズ競馬場で行われた
3歳牝馬のGIレースである第135回ケンタッキーオークスで
20馬身差で圧勝し、米三冠の2戦目となる
第134回ブリークネスSで牝馬としては85年ぶりに
優勝する快挙を成し遂げた

レイチェルアレクサンドラ

今、全米が注目するこの牝馬が、米ファッション誌ヴォーグ
8月号に登場して話題となった。


世界で最も有名で権威あるファッション雑誌ヴォーグは、
ファッションだけでなく、美容やライフスタイル、
エンターテイメントなど幅広い情報を扱っているが、
競走馬を特集するのは異例なこと。しかも撮影を担当したのは、
マドンナやブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリーら
多くのセレブのポートレートも手がける著名ファッションフォトグラファー、

スティーブン・クライン氏

まさに、超VIPセレブ扱いを受けている。

「Black Beauty」と題して見開き2ページで特集。
服を着ていないモデルということで、黒光するその美しい毛並みを
グラビアで披露したレイチェルアレクサンドラ。
ファッションとは縁もゆかりもなく、読者層からもかけ離れた競走馬を扱ったことは、
米メディアでも大きな話題となっています。
米映画「プラダを着た悪魔」でメリル・ストリープが演じたヴォーグ誌の
編集長のモデルではないかと噂された同誌のアナ・ウィンター編集長は、
ブリークネスSでレイチェルアレクサンドラを見て一目ぼれしたのだとか。
そんないきさつでヴォーグ誌のモデルに口説かれたのが真相のよう。
この記事のおかげで、競馬にまったく興味のなかった女性からも
熱い視線を浴びることとなったレイチェルアレクサンドラ。
さらなる活躍が期待される。

強いものは美しく、人を魅了するって事ですね。


競馬検索&ランキング【競馬予想サーチ】
posted by 赤えんぴつ at 23:42| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大江原騎手 JRA初勝利

26日、新潟4R・障害3歳以上未勝利(障害芝2850m)で
2番人気キングアーサーが優勝。

騎乗していた大江原圭騎手(19、美浦・フリー)はJRA初勝利を挙げた。

この勝利により、08年に競馬学校を卒業した新人騎手
(他に三浦皇成騎手、伊藤工真騎手)はすべて勝利したことになった。
 
少ない投資から始められる勝馬本舗、
WINWINの法則で皆様に利益を
posted by 赤えんぴつ at 23:33| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。