2009年08月06日

ブリーダーズGC(門別)地方出走馬決定

13日(木)に門別競馬場で行われるダートグレード競走
第21回ブリーダーズゴールドカップ(JpnII・2000m)の
地方からの補欠繰り上がりが4日で締め切られ、
出走予定馬、鞍上が最終決定した。

また、JRAからの出走予定馬の騎乗予定騎手もきょう全て出揃った。
JRA所属馬の補欠繰り上がりは、明日6日(木)で締め切られる。

★JRAからの出走予定馬 (出走枠 5頭)
アドマイヤスバル      牡6 56 勝浦正樹
アロンダイト        牡6 58 後藤浩輝
サカラート         牡9 57 中舘英二
スマートファルコン     牡4 57 岩田康誠
マイネルアワグラス     牡5 56 松岡正海

○補欠馬(繰り上がりは6日まで、補欠順位順)
マルブツリード
エスケーカントリー
シャーベットトーン
カリオンツリー

★北海道以外の地区からの出走馬 (出走枠 3頭)
ケイアイダンシング(愛知)  牡7 56 清家義徳
トップサバトン(船橋)    牡5 56 石崎駿
フリオーソ(船橋)      牡5 56 戸崎圭太

★北海道からの出走馬 (出走枠 8頭)
アーペレーヌ       牝6 54 坂下秀樹
ゴッドセンド       牡7 56 五十嵐冬樹
コンテ          牡6 56 桑村真明
シンメイレグルス     牡7 56 佐々木国明
トウショウヘリオス    牡7 56 馬渕繁治
フジエスギャラント    牡5 56 山口竜一
モエレエトワール     牡7 56 小国博行
モエレソーブラッズ    牡6 56 吉田稔


今週の無料予想探し
【競馬予想サーチ】
posted by 赤えんぴつ at 23:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JRAが騎手免許試験の一部見直し

JRAは今日、平成22年度の騎手免許試験の実施にあたって、
騎手免許試験について見直しを行うと発表した。

変更内容は以下の通り。

(1)「競馬学校騎手課程生徒」に対する試験について
・従来、第一次試験で課していた「騎手として必要な基本項目」は、
競馬学校の内申をもって確認することとし、2月上旬の免許試験では、
実践応用項目を中心とした内容の試験を課す。


(2)「地方競馬全国協会の騎手免許を受けている者」に対する試験について
・10月に実施する第一次試験の「学力」について、
従来、一般の受験者と同様に騎手として必要な基本項目も含んだ
内容の試験を課していたが、これを「中央競馬の騎手として必要な項目を
中心とした内容」の試験を課す。

・従来のいわゆる「基準該当者(過去5年間に、
中央競馬で年間20勝以上の成績を2回以上収めた騎手)」については、
ほかの地方競馬所属騎手と異なる内容の試験を課していたが、
実地の騎乗技術試験を省略することを除いては、
同じ地方競馬所属騎手として同一内容の試験を課す。

・この「実地の騎乗技術試験」を省略する者の基準は、
より直近の技術を評価するという観点から、
「申請年を含む3年間(平成22年度試験では、
平成19年から平成21年の3年間)に中央競馬で年間20勝以上の成績を
2回以上収めている者」となった。

・なお、この基準をみたしている受験者
(平地競走の免許試験を受けようとする者)には、
実地の騎乗技術試験にかえて、技術に関する口頭試験を実施。

QUOカード全プレキャンペーン中の
勝馬本舗
ラベル:競馬 JRA 騎手
posted by 赤えんぴつ at 23:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。