2009年07月25日

今週末デビュー予定馬

美浦・栗東のトレセン取材班が今週末デビュー予定馬を紹介します。

【栗東】
スクーデリアピサ
(牡、父クロフネ、母フサイチエアデール、栗東・白井寿昭厩舎)
全兄は朝日杯FSを制したフサイチリシャールという良血の本馬。
セレクトセールでも1億3500万円という高額で落札されているが、
高いのは値段だけではない。

ゲート試験に合格したのが6月5日で、それから栗東では坂路、
函館ではウッドと調教を積んでいる。順調に来ているからこそ、
白井調教師は「札幌はスクーデリアピサ、小倉はファイティングピサで勝つわ」と
2歳Sをダブル「ピサ」で制するというリップサービスも。

ひとまずは7月26日(日)の札幌芝1800mで
どのような走りを見せてくれるか待ちたい。
なお、鞍上は岩田康誠騎手を予定。

エリモクイーン
(牝、父アグネスタキオン、母エリモアメジスト、栗東・坂口正則厩舎)
なかなかゲート試験に合格できずに坂口則調教師も
やきもきしていたが、7月8日(水)に無事合格。
その翌日には早速、坂路でデンコウオクトパスと併せて4F53.2秒。
終い追われただけで相手に5馬身先着する鋭い動きを見せた。

そして7月15日(水)には坂路で古馬モエレサマーと
併せて4F51.5秒、3馬身も先着するパフォーマンス。
スピード能力では現2歳でもトップクラスだろう。
7月25日(土)の小倉芝1200m・牝馬限定戦でデビューする予定。

ダッシャーゴーゴー
(牡、父サクラバクシンオー、母ネガノ、栗東・安田隆行厩舎)
7月8日(水)の坂路での追い切りに騎乗した安田隆調教師が、
「スタートしてすぐに2馬身ほど遅れたからアレって思ったんだけど、
軽くステッキを入れたらスイッチが入ったみたいでグーンと加速。
最後は持ったままで同入。時計は4F53.2秒だったけど、
テンから追っつけていたら51秒台は出ていましたね」と
興奮気味に追い切りの様子を解説。

その翌週となる15日(水)はCWで古馬メガトレンドと併せて1馬身ほど先着。
全体は6F84.2秒と標準時計もラスト1Fの11.8秒は特筆もの。
当初の予定は8月1日の新潟だったが、仕上がり状態が良いということで
7月26日(日)の小倉ダート1000mへ出走を繰り上げた。
なお鞍上は、調教にも跨った川田将雅騎手を予定。

マイネルラディウス
(牡、父フォーティナイナー、母ダキューパン、栗東・佐々木晶三厩舎)
全兄スリーフォーナイナは新馬→もちの木賞を連勝して
ヒヤシンスSでは1番人気に支持されており、
早い時期から活躍している。本馬も入厩してすぐにゲート試験に合格、
7月15日(水)にはCWで古馬メヌエットシチーと併せて6F82.7秒。
初めての長いところからの追い切りでもバテることなく、
最後の直線もしっかり走り抜いたあたり、基礎体力もしっかりしているのだろう。

今週はレースで騎乗予定の和田騎手が跨って追い切りが
予定されている。デビュー戦は7月26日(日)の小倉ダート1000mを予定。

競馬検索&ランキング【競馬予想サーチ】

【美浦】
ラッキーダイス
(牝、父ネオユニヴァース、母ミスベガス、美浦・藤沢和雄厩舎)
新馬→芙蓉Sを連勝したダイワプリベール(現1600万下)の半妹。
6月1日の更新時は山元トレセンで乗り込まれていたが、
24日に帰厩した。坂路を中心に追い切りを重ね、
本馬場でもキビキビとしたフットワークを披露。順調な仕上がりを見せている。

「5月に入厩したときから順調だったからね。
そんなに速い時計は出していないけど、カリカリしたところもないし、
素直で扱いやすい。初戦から動けると思う」と厩舎陣営。
7月25日(土)、新潟の芝1400m・牝馬限定戦を北村宏司騎手で予定している。

エフティフローラ
(牝、父アグネスタキオン、母ヴォルピア、美浦・鹿戸雄一厩舎)
セレクトセール2007(当歳)に上場され、2200万円で落札された。
アルゼンチン産馬の母はブラジルで4勝。
芝1600mのG3(ホジャーゲドン大賞典、エウヴァルドロディ大賞典)を2勝している。
持込馬の半兄ケンシルバースターはダートで2勝。
グラスワンダー産駒の半兄ダイワフォルゴーレは新馬勝ちを飾っている。

当初は秋口に始動させる予定もあったが、
社台ファームでの乗り込みが順調に進んでいたことから
6月11日に入厩。ゲート試験を難なくクリアすると、
7月1日(水)には蛯名正義騎手を背に坂路で4F51.0秒の好タイムをマークした。
その後も順調に乗り込まれ、ここを目標に万全の態勢を整えている。

「古馬と併せても一生懸命に走るし、いい感じ」と
鹿戸雄一調教師が言えば、蛯名正義騎手も「気が良すぎるぐらいだし、
なかなか走りそうだよ」と好感触だ。
7月25日(土)、新潟の芝1400m・牝馬限定戦を予定している。

マイネコティヨン
(牝、父アドマイヤマックス、母マイネシンデレラ、美浦・畠山吉宏厩舎)
父は今年の新種牡馬。その初年度産駒はコスモソルスティス
デビュー勝ちを飾っている(今週のラベンダー賞に出走予定)。
タマモクロス産駒の母は1勝(新馬勝ち)。
祖母ケリーバッグは桜花賞2着、オークス3着と活躍した。

当初は先週の芝1400mでデビューする予定だったが、
フルゲートを超す出馬投票があったために抽選で除外。
優先権を手に仕切り直しのデビューとなる。
6月25日(木)、7月8日(水)と坂路で4F51秒台を連発。
小柄な牝馬でもあり、出走態勢は十分に整っている。

「敏感でハミ受けに難しいところがあるけど、いいスピードがありそうな感じ。
スタートを決め、モマれないポジションで走れれば楽しみです」と畠山吉宏調教師。
7月25日(土)、新潟の芝1400m・牝馬限定戦を石橋脩騎手で予定している。

スペースアーク
(牡、父スペシャルウィーク、母サミットヴィル、美浦・堀宣行厩舎)
セレクトセール2008(1歳)に上場され、3900万円で落札された。
母は英G3・メイヒルSの勝ち馬。英オークス3着、ヨークシャーオークス3着、
サンチャリオットS2着などG1でも好走した。
来日歴もあり、2005年のエリザベス女王杯(16着)に参戦している。
その後、ニューマーケットのタタソールズ・ディセンバーセールにおいて、
ノーザンファーム代表の吉田勝己氏が45万ギニーで購入。本馬が初仔となる。

「ちょっと膝の角度が被っているけど、走りには何の影響もない。
フットワークがいいし、息づかいもいいし、能力を感じさせる動き。
いいメンバーが揃いそうだけど、初戦から好勝負になると思う」と
堀宣行調教師は期待の口ぶりだ。

1週前に美浦から函館を経由して札幌競馬場に入厩。
7月26日(日)、札幌の芝1800mを三浦皇成騎手で予定している。


競馬検索&ランキング【競馬予想サーチ】
posted by 赤えんぴつ at 00:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

競馬通 PSP
Excerpt: 競馬通 PSPの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「競馬通 PSP」へ!
Weblog: 競馬通 PSP
Tracked: 2009-07-25 07:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。