2007年09月19日

ロックドゥカンブ恐れ入りました。。。

先週、セントライト記念(菊花賞トライアル)を制したロックドゥカンブ。。
4戦4勝となった訳なのだが、、、甘く見ておりました。
この馬、大物かもしれません。。。
勝ちっぷりも良かったのですが、走破タイムが素晴らしいのです。
前半5ハロンがハイペースでありながら、ラスト3ハロンがすべて12秒0を切っているのです。
セントライト記念で3ハロン12秒0を切っているレースは、過去4回ありそのときの前半5ハロンは以下の通りです。

○90年 ホワイトストーン
 前半5ハロン61秒4 3ハロン11秒9−11秒9−11秒3

○95年 サンデーウェル
 前半5ハロン61秒8 3ハロン11秒9−11秒5−11秒9

○02年 バランスオブゲーム
 前半5ハロン61秒1 3ハロン11秒8−11秒5−11秒7

○05年 キングストレイル
 前半5ハロン60秒1 3ハロン11秒7−11秒8−11秒7

そして・・・・○07年 ロックドゥカンブ
 前半5ハロン59秒1 3ハロン11秒8−11秒9−11秒9

しかも前半5ハロンが12秒0−10秒7−11秒6−12秒1−12秒7
なんと2ハロン目に10秒台が飛び出しているのです。
このような極めて厳しい流れのレースを、好位から脱出し押し切ったのですから素晴らしいの一言です。

このロックドゥカンブ!!今後どのようなローテーション(菊花賞か天皇賞か)へ向かうか楽しみです。

それにしても、まだ満3歳にもなっていない4戦4勝のこの馬は
素晴らしい才能があることは間違いないと思います。
posted by 赤えんぴつ at 00:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56022795

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。