2007年10月20日

京都・東京 馬場状態

19日(金)正午現在での京都・東京競馬場の馬場に関する情報は以下の通り。

京都競馬場
<天候> 雨
<馬場状態> ( 芝 ) 稍重  (ダート) 重
<芝の状態> 今週で3週目となるが、馬場の損傷は少なく、先週に引き続き
         良好な状態を保っている。
<芝の草丈> 芝コースは野芝約12〜14cm、洋芝約12〜16cm。
         障害コースは野芝約14〜16cm。
<使用コース> Aコース(内柵を最内に設置)

 ○中間情報(10月12日〜19日)
 <気象情報>
 19日(金)に13.5ミリの降水を観測した。
 <作業内容>
 (1)芝コース
 16日(火)と17日(水)に、芝刈りを実施した。
 (2)ダートコース
 19日(金)まで、クッション砂の砂厚を調整(8cm)した。
 (3)障害コース
 通常の点検作業のみ実施した。

明日は、菊花賞。きっちり良馬場まで回復を願おう!!東京競馬場
<天候> 曇
<馬場状態> ( 芝 ) 良  (ダート) 良
<芝の状態> Aコース使用3週目となり、3〜4コーナーの内側に傷みが見られるが、
         その他の箇所については概ね良好。
<芝の草丈> 芝コースが野芝約8〜10cm、洋芝約12〜16cm。
         障害コースは野芝約8〜10cm、洋芝約10〜14cm。
<使用コース> Aコース(内柵を最内に設置)

 ○中間情報(10月12〜19日)
 <気象情報>
  14日(日)に0.5ミリ、16日(火)に2.5ミリ、17日(水)に0.5ミリの降水を観測した。
  週間の合計降水量は3.5ミリ。
 <作業内容>
 (1)芝コース
 ・15日(月)に芝刈りを実施した。
 ・17日(水)に肥料を散布した。
 ・15日(月)と17日(水)に、生育管理のため散水を実施した。 
 (2)ダートコース
  15日(月)から18日(木)にかけて、コース全面で砂厚調整を実施した。
  なお、乾燥が著しい場合は、競走馬の安全のため散水を行うことがある。
 (3)障害コース
 ・15日(月)に芝刈りと生育管理のための散水を実施した。
 ・18日(木)に肥料を散布した。
posted by 赤えんぴつ at 14:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61557205

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。